介護業界の今後と管理人の自己紹介

管理人の自己紹介

管理人の自己紹介
Pocket
[`evernote` not found]

自己紹介

当サイトをご覧いただきありがとうございます。当サイトの管理人です。私は介護業界に携わって10年近くが経とうとしています。介護業界で働いてきたこの10年近くの経験を通して得た様々な介護業界の職種について「介護業界で高みを目指せ!」を通じてお伝えできたらと思います。
私は実はもともと介護業界で働いていたわけではなく、小さい頃から介護職として働きたいと思っていたわけでもありません。仕事を探していた時にたまたま介護業界で働き始めただけで強い思いがあって働き始めてはいませんが、今では介護業界で勤められて幸せだと感じる日々です。
このような私ですら介護業界の仕事を楽しめているので、介護業界でキャリアアップしたいと考えている人や、人の役に立ちたいと考えている人はきっとやりがいのある仕事が待っているはずです。当サイトを通して介護業界の職種を知ってもらってキャリアアップや、様々な職種を知ってもらえると幸いです。
当サイトへのご意見やご質問に関してはこちらからお送りください。

介護業界の今後

テレビやネットなどの情報では少し介護業界についてマイナスなイメージで伝えられていることが多いと感じていますが、実際にはそんなに心配するようなことでもないと思っています。多くの情報が介護業界の今後を不安視するものが多いですが、この不安視されている内容が日本の高齢化社会が超高齢化社会に突入して介護職の人手不足がより深刻化するといったものです。介護業界が真摯に受け止めなければいけない課題の人手不足ですが、しかしこの人手不足という課題は逆に言えば働き手からするとメリットにもなります。
例えば介護士の人材が足りなくなっているとすれば、介護施設ではより多くの人を集めなければならないので他の施設との競争が激しくなります。この人材を集める競争に勝つためには他の施設よりも待遇を良くしなければなりません。厳しい業界であれば待遇を良くすることは難しいかもしれませんが、介護業界は需要がとても多いため、そこに注力することのできる資金は持っています。
こうした事実からこれからの介護業界は高待遇の施設を働き手が選ぶことができるようになります。介護業界で抱えやすい悩みである人間関係についても、雰囲気の良い施設を選んで働くことができるため、介護業界は働き手がこれからは優遇されていく将来が待っていると考えられます。そして給料が上がっている現状を考えると、今後は高収入のお仕事として介護士がラインナップされることも十分考えられます。

おすすめはこちらの記事

自分に合った介護職の探し方

介護職の求人を探すことは実際にしてみると比較的他の職種に比べると簡単ということがわかります。しかし簡単に見つかるからと言って求人の探し方を適当にしては自分に合う介護職は見つかりません。適切な探し方を知りましょう。

介護業界で高みを目指すために

介護業界で勤め始めて10年近くが経とうとしている当サイトの管理人が、介護業界の様々な職種とキャリアアップについてお伝えします。介護業界で働く人が、もっとやりがいのある仕事を見つけていただける力になれると嬉しく思います。当サイト連絡先:【MAIL】