現場で活躍する介護業界の職種は介護福祉士

介護現場で活躍する介護福祉士

Pocket
[`evernote` not found]

介護福祉士とは

介護福祉士とは日常生活を送ることが難しい高齢者や、身体や精神になにかしらの障害を抱えている人に対して食事や入浴などの身体介護を行う仕事を主にしています。身体介護をするだけではなく、その家族の人に対してもどのような介護をすべきかという相談を受けたり、適切なアドバイスをするということも重要な仕事です。
資格を有していなくても働くことは可能ですが、ホームヘルパーや介護福祉士などの資格を持つ人は待遇面で有利になることが多いです。ホームヘルパーは公的認定資格ですが、介護福祉士として働くには国家資格を必要とします。無資格、ホームヘルパー、介護福祉士の仕事内容は実質変わりありません。

業務内容

介護福祉士がする業務ですが、主に4つの仕事があります。1つが身体介護の業務で、食事や衣服の着脱、身体の衛生管理などがあります。高齢者はなにができてなにができないのか一概には言えません。利用者のどのような動作が困難であり、利用者がどのようなことを望まれているのかをしっかりと考えながら介護を行うことが大切です。
2つ目が生活援助です。生活援助は直接利用者の身体に触れることなくサポートするお仕事となります。家に出向いて洗濯や食事を作ったり、日常生活の買い物など家事を行います。主に在宅介護でとても大きな役割を担う業務のため、利用者の家でのやり方に合わせて、掃除したり食事を作ったりすることが大切になります。
3つ目は相談・助言の仕事です。介護を受ける人の要望を聞いたりすることはもちろんですが、介護を受ける人の家族など周囲の人の相談を聞くことも介護福祉士の仕事です。これらに適切なアドバイスをするためには介護に関する専門知識と技術が必要不可欠です。そして福祉用具に関しても利用者に最も適切なものを選ぶためにも身体的な介護の知識だけではない面も求められることがあります。
4つ目は社会活動支援と呼ばれる仕事で、孤立してしまいがちな介護対象者に対して、家族の人や近隣の人たちと良好な関係が築けるように支援する役割があります。そのために地域のサークル活動といった社会活動について調査して、利用者が馴染みやすかったり参加したいと思える団体を紹介することも大切な仕事です。介護の利用者に生きがいづくりのサポートをすることも、介護福祉士の仕事です。また施設独自でこのような活動をする場所もあるため、独自の行事に参加することもあります。

おすすめはこちらの記事

自分に合った介護職の探し方

介護職の求人を探すことは実際にしてみると比較的他の職種に比べると簡単ということがわかります。しかし簡単に見つかるからと言って求人の探し方を適当にしては自分に合う介護職は見つかりません。適切な探し方を知りましょう。

介護業界で高みを目指すために

介護業界で勤め始めて10年近くが経とうとしている当サイトの管理人が、介護業界の様々な職種とキャリアアップについてお伝えします。介護業界で働く人が、もっとやりがいのある仕事を見つけていただける力になれると嬉しく思います。当サイト連絡先:【MAIL】